看護師・グッズ選びの悩み解決1 看護師さんが「ハサミ」を選ぶ条件とは?

CBnet HOME


看護師さんが「ハサミ」を選ぶ条件とは?

看護師・グッズ選びの悩み解決1

職場でどんなハサミを使っていますか?ハサミなんて消耗品だと割り切って安物を使うか、こだわりのハサミを使うか、みなさんはどちらでしょうか?ハサミにこだわりのある現役看護師さんに話を聞いてみました。



「ハサミなんてなんでもいい」という人は、職場で支給されているものや、
100円均一で売っているもので十分と思っているようです。
しかし、本当に「ハサミなんてなんでもいい」のでしょうか?
現役の看護師さん曰く、安物のハサミだと、切れ味が悪く、突然壊れてしまったり、
テープのベタつきが残ってしまったり、いざという時に困ってしまうことがあるそうです。
良いハサミとは一体どのようなものなのでしょうか?
ハサミを選ぶポイントのひとつが、表面をフッ素加工しているかどうかです。
フッ素加工されていると、テープのべたつきを防いでくれます。
また、切りやすい形をしているものや、患者さんの肌を守る安全ガード付き、
抗菌ハンドル仕様などを選ぶポイントにすると良いでしょう。
最近では、落下防止のためのストラップ付きが人気です。
ストラップがついていれば、失くすこともありません。

サイズは、基本的にポケットに入れても、持ち歩きやすい物。
刃先は丸いものを選びましょう。ただし、安全キャップ付きはNGです。
とっさに使えないし、キャップそのものを失くすことがあります。
また、「良いハサミ」の条件には、機能性以外のポイントもあります。
小児科の看護師さんがいうには、「コアラやキリンなど動物の可愛い絵柄がついていると、
子どもたちの心を解きほぐすのに役立ちます」とのことです。

看護師さんオススメのハサミのお値段は、だいたい1000円〜2000円。
ハサミにしては値段が高いかと思いきや、
「毎日使うものなので、良いハサミを持ちたいですね」、
「それなりにいいものを使って、持ち物にこだわるとモチベーションが上がりますよ」と、
みなさん、あまり気にならないようです。
看護師さん以外の方でも、もし、ハサミでお困りのことがあれば、
思い切って良いハサミの購入を一度検討してみてはいかがでしょうか?

次回は、良いペンライトの選び方 をご紹介します。



医療求人30,000件 完全無料!転職サイト CBネットはこちら

カテゴリ一覧




CBネットは医療専門の転職支援サービスサイトです。

無料会員登録を頂くと、専任のキャリアアドバイザーが
求人探しから面談設定、条件交渉に至るまで、転職活動を完全サポートいたします。

PAGE TOP