看護師・ファッションの悩み解決1 美人に見えるマスクのサイズとは?

CBnet HOME


美人に見えるマスクのサイズとは?

看護師・ファッションの悩み解決1

何かとマスクをつける機会が多い看護師さん。どのマスクをつけても同じだって思っていませんか? 実は、マスクの大きさによって見た目の印象がまったく変わってしまうのです。どのマスクが一番「美人顔」に見えるのでしょうか? 実際、試してみました。



■なぜマスクをつけると美人に見えるのか?

美人の条件のひとつに、「Eライン」の美しさがあります。
Eラインとは、アゴから鼻にかけてのラインのことです。
このラインが口元にかからず真っ直ぐ通っていると、
美しい印象を与えることができます。つまり、
マスクをつけてEラインを隠せば、ラインが崩れていても
美しい印象を与えることができる、というわけです。

Eラインが口にかかっていないと美しく見える。


こちらの記事もおすすめです。


■どのサイズのマスクがいいのか?

今回、実験に使ったのは一般的なプリーツマスクです(ひだ付きの伸縮性があるマスク)。
サイズは、(1)子ども用、(2)一般的なサイズ、(3)少し小さめ女性用の3種類です。

(1)子ども用マスク

 一番小さな子供用は、マスクが顔からはみ出す範囲が少なく、小顔に見えます。
 でも、横からみると鼻がつぶれてしまい、顔が平たい・・・。
 それに、小さいので息苦しいですね(笑)。

(2)一般的なサイズ

一般的なサイズは、顔からはみ出た部分のせいで、顔が大きく見えちゃいますね。
さらに余分な布のせいで、口周りにたくさんのシワが・・・。
マスクが大きいためEラインも平坦にですね。
また、顔より大きいので、頭でっかちに見えるという欠点もあります。

(3)少し小さめ女性用

少し小さめ女性用は、顔からマスクがはみ出る範囲も少なく、
鼻もつぶれませんね。Eラインがはっきりしています。
横から見たときに、奥行きもあるので鼻が高く見えます。
これもいいかも・・・。

とはいえ、これはあくまで私に合ったサイズの話しです。
実際、マスクを選ぶ時は、自分にあったサイズを探すようにしてください。

【結論】
・顔のサイズにあったマスクを選ぶべし!


次回は、美人に見える種類 をご紹介します。



医療求人30,000件 完全無料!転職サイト CBネットはこちら

カテゴリ一覧




CBネットは医療専門の転職支援サービスサイトです。

無料会員登録を頂くと、専任のキャリアアドバイザーが
求人探しから面談設定、条件交渉に至るまで、転職活動を完全サポートいたします。

PAGE TOP