看護師・ファッションの悩み解決2 美人に見えるマスクの種類とは?

CBnet HOME


美人に見えるマスクの種類とは?

看護師・ファッションの悩み解決2

前回は、「美人に見える」マスクのサイズについて解説しました。今回は、「美人に見える」マスクの種類を紹介します。プリーツ、ガーゼ、立体、どのマスクが一番、美人に見えるのでしょうか?



■どんな種類のマスクがいいのか?

今回、比較したマスクは、
(1)女性用小さめプリーツマスク、(2)ガーゼタイプ、(3)立体マスク
の3種類です。

(1)女性用小さめプリーツマスク

どのようにマスクをつけても、プリーツが顔の上で波打ってしまいます。
顔より大きなアウトラインが顔を一回り大きく見せちゃいますね。
また、光の加減でプリーツに影が・・・。



こちらの記事もおすすめです。


(2)ガーゼタイプ

ガーゼタイプのマスクは、口元にしわが寄らず、すっきりとした印象です。
ただ、ガーゼの平面さが、顔を平たく見せてしまいます。
レトロな感じも好みの分かれどころですね。

(3)立体マスク

立体型のマスクも、しわが寄らず、すっきりとした印象です。

さらに立体型というだけあって、真ん中の線から、
後頭部方向へ、奥行きがあるように見えます。
マスクの縦の線が鼻筋とつながり、鼻が高く見えますね!
スボンのセンタープレスと同じ効果で、真ん中に線が1本あると、
顔が縦長に見えるという効果も・・・。
顔のサイズにあった物を選べば、小顔に見えちゃいます。
ただし、鋭角に尖った口先が、鳥のくちばしのようで
冷たく感じる人もいるようです。

【結論】
・立体マスクが美しく見える。
 しかし、人によっては冷たく感じることもあるので注意。

次回は、目の体操 をご紹介します。



医療求人30,000件 完全無料!転職サイト CBネットはこちら

カテゴリ一覧




CBネットは医療専門の転職支援サービスサイトです。

無料会員登録を頂くと、専任のキャリアアドバイザーが
求人探しから面談設定、条件交渉に至るまで、転職活動を完全サポートいたします。

PAGE TOP