看護師の職場環境の悩み解決4 若手看護師は訪問看護師になれないのか?

CBnet HOME


若手看護師は訪問看護師になれないのか?

訪問看護師はベテランでないとできない仕事?

今回は、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向け、急ピッチで進められている
在宅医療で中心的役割を担っていく訪問看護師の話をします。

みなさん、訪問看護師と言えばどのようなイメージでしょうか?ベテランだったり、
コミュニケーション力が高い人だったりと、ある程度経験年数の長い人を思い浮かべるのではないでしょうか。

ですが、今、新卒や若手の看護師でも訪問看護の世界に挑戦する人が少しずつですが増えています。



■訪問看護師の平均年齢は48.5歳

少し前のデータになりますが、2011年に日本訪問看護振興財団が
全国の訪問看護ステーション1000事業所(回答率38.2%)を対象に
調査したところ、訪問看護師の平均年齢は48.5歳、臨床経験は平均
19.5年、訪問看護師としての経験は平均8.6年だったそうです。

やはり、かなりベテランの方が揃っていることが分かります。

しかし、訪問看護ステーションの経営者からは、
「本当は若手にこそ来てほしい」
「看取りの支援をするためにも、オンコール対応が可能な
体力のある看護師が必要」などという声をよく耳にします。

そのため、最近では、少しずつではありますが、看護実習の
受け入れや新卒や若手の採用に積極的なところも出てきました。

■急速に増える訪問看護ステーション

全国訪問看護事業協会の調査によると、2015年現在、訪問看護
ステーションの数は8,241カ所に上ります。また、厚生労働省の統計
では13年現在、訪問看護ステーションで働く看護師は35,822人で、
1,057人だった1993年と比較すると、約34倍にまで増えています。

日本看護協会でも訪問看護の裾野を広げる取り組みに乗り出して
おり、現在、新人看護師や未経験者が訪問看護に従事しやすく
するため、2日間で訪問看護が分かるカリキュラムを作成中です。
近く無料で協会のホームページからダウンロードできるようにする
予定だそうです。

若年人口がますます減少していく中、ベテランや即戦力を求める
声が強かった訪問看護の世界も今後は変わっていくと見られます。
若手の看護師が訪問看護で活躍する時代は、もうそこまで来ている
のかもしれません。



医療求人30,000件 完全無料!転職サイト CBネットはこちら

カテゴリ一覧




CBネットは医療専門の転職支援サービスサイトです。

無料会員登録を頂くと、専任のキャリアアドバイザーが
求人探しから面談設定、条件交渉に至るまで、転職活動を完全サポートいたします。

PAGE TOP