公益財団法人 北海道医療団 帯広第一病院

求人NO.105475

クチコミコンテンツ_13

求人概要_13

北海道,帯広市, の医師求人― 公益財団法人 北海道医療団 帯広第一病院 のイメージ写真

当院では十勝医療圏の二次救急を担当しており、二次疾患の患者を多く受け入れている他、内科・外科では消化器疾患を中心に診療し、両科の連携を図りながら近隣の医療機関からの紹介も多数受け入れております。近年開設した「消化器内視鏡センター」では、専門医の増員と機器整備の充実を図りつつ、ESDなどの先端医療の提供を行い上部・下部合わせ年間6,000例の症例数を実施している他、消化器外科においても年間500例を超す症例を実施するなど、消化器疾患領域における地域No1を目指しております。

公益財団法人 北海道医療団 帯広第一病院の画像
ゆったりしたスペース、清潔感あふれる環境づくりを、心がけております。
公益財団法人 北海道医療団 帯広第一病院の画像
エレベーターホール 3〜5階病棟 各フロアで色分けされております。
公益財団法人 北海道医療団 帯広第一病院の画像
理学療法、作業療法、物理療法、言語療法を行っております。

職員によるスタッフブログ

公益財団法人北海道医療団 〜忘年会〜

2014/12/27

今週は当法人の忘年会でした今年は参加者全員参加の福引の抽選確率も上がり、また余興も大いに盛り上がりました      (ふなっしー登場)        (先生方ノリノリです)    (院長も踊りました) ...

>>続きを読む

バーコード(携帯サイト)

携帯電話でも、求人情報の閲覧や地図機能が使えます。

公益財団法人 北海道医療団 帯広第一病院の求人情報を、お手持ちの携帯電話から閲覧したり、所在地の地図を表示、 勤務地までのルートを検索する事ができます。

※左の2次元バーコードを携帯で読み取って、携帯サイトにアクセスして下さい。

医師求人詳細

職種
医師 (常勤)
募集内容
勤務地
北海道 帯広市 西4条南15丁目17番地3
希望科目名
透析内科
勤務時間
平日 8:30 〜 17:00
土曜 8:30 〜 12:30
備考 土曜日は第2・4週
夜間当直
備考 月3〜5回 当直手当22,000円/回
年俸・給与等
10年目 1,500万円  〜 
備考 年俸に当直料を含まない。
※年俸額は別途協議の上確定
退職金制度
住宅提供
備考 賃貸物件貸与 ※家賃負担上限80,000円(上限超過分は個人負担)
休日・休暇
休日 日曜、祝日、土曜
第1・3・5土曜日休み
休暇 有給休暇 有
年末年始休暇 5日
夏期休暇 7日
開院記念日など3日
学会出席
備考 年間4回まで出張扱い(北海道外は2回に限る) ※ご自身の発表の場合は別途出張扱い
赴任手当
備考
赴任手当:引越費用全額負担。但し、自動車陸送費用・エアコン設置費用等一部個人負担あり。

病院概要

 

病院名
公益財団法人 北海道医療団 帯広第一病院
病院形態
その他
所在地
〒080-0014 北海道 帯広市 西4条南15丁目17番地3
交通アクセス
JR根室本線 帯広駅より徒歩3分
ホームページアドレス
創立年月
1974年 8月
院長名
山並 秀章
診療科目
職員数
376名 ( 常勤医師数 24名 )
病床数
303床 ( 一般 250床 / 療養 50床 / ICU 3床 )
看護基準/介護報酬区分
一般病棟入院基本料7対1 療養病棟入院基本料(8割未満)(50床) 障害者施設等入院基本料13対1 看護補助加算2 急性期看護補助体制加算50対1(115床)
外来患者数
300人/日
手術件数
100件/月
救急
救急指定 有 5件/日
設備機器/設備状況
電子カルテシステム・パックス(画像保存通信システム)・FPD(フラットパネルディテクター)撮影装置・CR(コンピューテッドラジオグラフィー)撮影装置・16列マルチスライスCT・1.5テスラMRI・DR式透視撮影装置・デジタル乳房専用撮影装置・Cアーム型外科用イメージ・DSA(デジタル サブトラクション アンギオ)撮影装置・超音波撮影装置・骨密度測定装置(労災対策)
・地下水膜ろ過システム・自家発電装置・太陽光発電装置・重油/食料備蓄 ほか
関連施設・病院
■帯広西病院(135床)
住所:北海道帯広市西23条南1丁目129
診療科目:内科・消化器科・神経内科・リハビリテーション科

■音更病院(108床)
併設:陽台在宅介護支援センター
住所:北海道河東郡音更町緑陽台南区2番6
診療科目:内科・胃腸科・リハビリテーション科

■介護老人保健施設とかち(入所100名)(通所40名)
併設:アマネージメントセンターほほえみ / ヘルパーステーションほほえみ
住所:北海道河東郡音更町緑陽台南区2番6
研修・認定施設
基幹型臨床研修指定病院、東北大学臨床研修協力型指定病院、旭川医科大学病院臨床研修プログラム協力型臨床研修病院、救急告示病院、内科学会認定医制度教育関連病院、日本消化器内視鏡学会指導施設、日本カプセル内視鏡学会指導施設、日本消化器病学会認定施設、日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設、日本外科学会外科専門医制度関連施設、日本肝臓学会関連施設、日本胆道学会認定指導医制度指導施設、日本麻酔科学会認定病院、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本口腔外科学会指定関連研修施設、全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防健診認定施設、マンモグラフィ検診施設画像認定施設、肝疾患に関する専門医療機関指定施設
PR・その他備考
・帯広市は、人口が17万人で北は大雪山系、西は日高山脈に囲まれた雄大な十勝平野の中心に位置し、北海道ならではの豊かな自然と寒暖のメリハリある四季、そして何より豊富な食材が楽しめる地域です。十勝圏域人口としては36万人となり、面積は宮城県の1.5倍の地域となりますが、病院は帯広の中心に位置し、近隣には帯広駅、市図書館があるなど都市型の環境となります。

・人工透析15床、健康管理センター(特定健診・特定保健指導・人間ドック・脳ドック・大腸ドック・各種健康診断)、栄養相談、医療相談、リハビリテーション(理学・作業・物理・言語聴覚)

人事担当者 連絡先

人事担当者
   岩田 康成
電話番号/FAX
電話:0155-25-3121  /  FAX:0155-25-1172
メールアドレス


PAGE TOP