厚生労働省は2016年度診療報酬改定で、総合病院での精神疾患患者や自殺企図者の受け入れを推進する方針だ。身体合併症を有する精神疾患患者(身体合併症患者)の受け入れのインセンティブを高めるほか、「精神科リエゾンチーム加算」の要件を緩和して算定しやすくするといった方向で検討を進めている。【佐藤貴彦】

(残り1427字/全1572字)