プロテイン おすすめ コスパ ランキング 10選 「2020」

プロテインが体に対しての重要性:

蛋白質を最も効率よく摂取するならプロテインサプリが一番です。

先ずはその3つの理由をご紹介します。

理由1:筋肉や肌、髪、爪など カラダづくりに欠かせない栄養素。

本来タンパク質はカラダの中の様々な部分の“もと”となる重要な成分。

筋肉だけでなく髪の毛や肌、爪などは全てタンパク質で出来ています。更に、血液や酵素にもなる非常に重要な栄養素です。

理由2:体の中で生成されない必須アミノ酸BCAAが含まれています。

蛋白質の原料はアミノ酸なので、アミノ酸は自然に体の中で生成される物もありますが、重要な必須アミノ酸「BCAA」は体の中で生成されない為、食事やサプリメントで補う必要があります。

BCAAは回復や筋肉量を増やすのに効果的、疲れにくい体づくりを
サポートします。

理由3:筋肉が落ちるのを防いで 疲れにくい体にしてくれます。

プロテインを十分に摂取すると、筋肉が落ちるのを防ぎやすくする事が出来ます。

筋肉量は代謝や疲れにくい体づくりに関係している為、筋肉量をキープする事は大切です。

プロテイン最強コスパの10選

【第一位】:プロテインIMPACT ホエイプロテインナチュラルチョコレート(1000g)

 

プロテインのコスパが高く、成分安全性は海外サイトで折り紙つき。味も豊富で溶けやすさも優秀な為、海外製のプロテインの中でも比較的甘さが抑えられている事で日本人の口にもしっかり合う事を推奨します。

1kg前後の製品では圧倒的です、約60種類のフレーバーが選べるのもスゴい!

マイプロテインは軽くシェイクするだけで粉が溶けやすく、又どのプロテインよりも泡立ちにくいです。

男性だけでなく女性の方でも嫌悪感なく飲む事が出来るプロテインだと思います!

ImpactホエイプロテインにはBCAAも1杯につき4.5gも含まれています。身長・体重によって異なりますが、一般的にBCAAは2gほど摂取できれば良いと言われているので、4.5gは十分な値です。

【第二位】:マイプロテインBCAA 2:1:1(1000g)

アミノ酸含有量(1食5gあたり)/ロイシン:2000mg、イソロイシン:1000mg、バリン:1000m、コスパは満点評価。

運動中以外にも、冷蔵庫にBCAAドリンクを忍ばせていつでも飲んでいます。

BCAA(分岐鎖アミノ酸) とは BCAA(Branched Chain アミノ Acids: 分岐鎖アミノ酸)は3つの必須アミノ酸、ロイシン、イソロイシン、バリンが2:1:1の比率で構成されています。体内で生成する事が出来ない為、食事を介しての供給が必要となります。

食品のみアミノ酸レベルを維持する事は困難であり、運動前後又はその間のアミノ酸摂取がより重要になって来ます。この商品を使用すると迅速かつ簡単に最適なレベルの分岐鎖アミノ酸を摂取する事が可能となります。

活発的に行動する方や、激しいトレーニングやエクササイズをしている全ての方に最適です。

LabDoorのランキングでGradeA受賞

【第三位】:GronG(グロング) ホエイプロテイン100 WPI CFM製法

WPI製法のプロテインは、タンパク質を効率的に摂取することに優れています。

成長を求め、人は強くなるをコンセプトに製品開発を行う、トータルスポーツブランドGronG(グロング)の「ホエイプロテイン100 WPI(CFM製法) ナチュラル」で

①朝食が取れない方

②トレーニング愛好家

③食事バランスが偏っている方

④ダイエット中の方に最適です。

CFM製法:カルシウムを多く含む高純度なタンパク質を精製 、WPCに比べ脂肪や乳糖などの不要な成分が少なく、プロテイン(WPC)を摂取するとお腹の不調をきたす人にも安心。

人工甘味料・香料・保存料・着色料を一切使用していないので、タンパク質だけをダイレクトに補給、国内製造:品質管理が徹底された国内提携工場で製造です。

 

【第四位】:ザバス ホエイプロテイン100 ココア味 1,050g

日本製のプロテインの中でも最も人気が高いザバス。ザバスでは、色々なフレーバーや女性向け、子供向けの商品が展開しています。商品によっては他のプロテインよりもコスパの高いものもあります。

蛋白質を補給として理想とする筋肉の為、ホエイプロテイン使用。4種類のビタミンB群+ビタミンC+ビタミンD配合、カロリー:1食分(21g)当たり エネルギー 83kcalです。

蛋白質の原料として吸収の良いホエイプロテインを100%使用したプロテインです。トレーニング直後などのプロテイン摂取ポイントに合わせてタンパク質を補給できるので、理想的な体作りをサポートします。

しっかりとした味で、甘みがあり水でも美味しく飲む事が出来、しっかり甘い、さらっとした飲み口と口コミでも好評です。

男性の中には、筋肉質な体を手に入れたいと思う人にはウエイトを上げてくれるプロテインがおすすめです。

定期的に筋肉トレーニングをしていたり、運動をしていると筋肉疲労も溜まっていき、筋肉疲労の回復にはアミノ酸がとても大切で、ザバスのプロテインにはアミノ酸もたっぷり含まれているので、筋肉の疲労回復も助けてくれます。

【第五位】:プロテイン エクスプロージョン100%ホエイプロテイン ミルクチョコレート味

日本製にもかかわらず海外のプロテインと同じくリーズナブルで、水でもおいしく飲めて人気を集めているエクスプロージョン ホエイプロテイン。よく溶けるので作りやすくシェイクしてから数分で置いておくだけで、溶け残りもないといった高評価です。

100%ナチュラルホエイプロテインは、日本最安値、アンチドーピング、安全な成分を主軸に開発した国産商品です。気軽なタンパク質補給の為の日本最安値は今製品の大きな特徴でもあります。

【第六位】:オールホエイクラシック 100%ホエイプロテインチョコレート

高いタンパク質と必須アミノ酸を摂りたい人に最適なプロテインです。

アメリカ製の人気ホエイプロテイン。スタンダードな成分ながらも、スポーツ時に必要なECC・BCAAなどすべての必須アミノ酸やミネラルもたっぷり。

蛋白質も1食あたり30gと高く、味もとても美味しく、コスパの高い商品です。

プロテインを探している時、このオールホエイクラシックよりコスパのいい製品は見つからないでしょう。

【第七位】:Kentaiケンタイ ウェイトダウン ソイプロテイン

筋肉でカラダを大きくしたい人もいれば、カラダを絞り競技パフォーマンスを上げたいアスリートもいます。

アスリートにもっとわかりやすく、カラダづくりにあわせて最適なプロテインを選びやすく。

そんなアスリート目線で生まれた本格的なプロテイン、それが「アスリートセレクション」です。

植物性大豆蛋白質と食物繊維で健康的に絞り込む新コンセプト、ファイバーINプロテイン。蛋白質でしっかりした筋肉をつけ、余分なものを削ぎ落す、新しいタイプのプロテインです。

11種類のビタミンとミネラル(Ca、Mg、鉄)を配合し、カラダづくりを栄養面からもサポートします。

水でおいしい!粉立ちが少なく溶けやすいので、手軽に摂取できます。

【第八位】:タマチャンショップタンパクオトメ まろやかカカオ260g 美容専門プロテイン

女性の為の美容専門プロテイン。ホエイプロテイン&大豆ソイプロテイン配合。

ガールズアワード共同開発 砂糖不使用 おきかえダイエット 筋トレ トレーニング 美肌 朝プロテイン。

蛋白質おとめ朝活、ヨガ、筋トレ、筋肉 トレーニング 置き換えダイエット ファスティング美肌 。

含まれている葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

日本の女性に、もっとプロテインの素晴らしさをお伝えしたい栄養&美容素材がたっぷり配合された、女性に嬉しい「美容専用プロテイン」を開発しプロテイン美容の新時代へ。

蛋白質は、人間が自らの肌でコラーゲン合成を行う際、必要になる栄養素です。どんなに良い化粧品を使っても、沢山野菜を食べても、お肌の原料である蛋白質が不足していては、お肌でコラーゲンもうまく合成されず、生まれ変わりも進みません。

【第九位】:スィンクフィットネス ゴールドジム GOLD’s GYM ホエイ プロテイン チョコレート風味 720g

さっと水になじむ、新しい時代のホエイプロテイン。ゴールドジムホエイプロテインは、さっと水になじむ、優れた分散性を持つ新しい時代のホエイプロテインです。

主原料には、高蛋白質・低脂肪のホエイプロテインWPIを使用していますので、蛋白質の含有量が多いのも特長です。

WPIのホエイプロテインはアミノ酸のBCAAも多く、ウエイトトレーニングを行う方やスポーツを行なう方におすすめのプロテインパウダーです。

ホエイペプチドを配合。ゴールドジム ホエイプロテインに配合のホエイペプチドは、ホエイプロテインをさらに酵素で分解したものです。

ホエイペプチドは、蛋白質摂取量が多い方やレベルアップを目指すアスリートに適した蛋白質源です。

7種類のビタミンB群を添加。ビタミンB群は水溶性ビタミンの為、身体にストックする事ができず、こまめに摂取する必要があります。

又、ゴールドジムホエイプロテインは、7種類のビタミンB群を配合していますので、健康管理を役に立ちます。

【第十位】:ボディウイングホエイプロテイン無添加1kg

品質に配慮された、米国産のホエイプロテインの製品になります。砂糖、合成甘味料、保存料や着色料などは一切配合されていませんので、ストイックに必要な成分だけを摂取できるプロテインを求めている方に推奨できます。

100g中78gと8割近い蛋白質を含んで、どんな用途でも十分に蛋白質摂取用として使えます。同量でカロリーも414キロカロリーとカロリーも控えめですので、健康にもよくダイエットでも気にせず飲めます。

この商品が味やプロテイン含有量、値段全て踏まえて、最高です!コスパよすぎます。

そのまま水に混ぜて飲もうとすると発砲しすぎて飲みにくいですが、牛乳やミロで割ったり、コーヒーに入れたりと自分好みの飲み方ができるようです。

トレーニング後に摂取してから寝ると、疲れが取れるのが早いと実感されている方もいます。

まとめ

ダイエットで痩せるだけではかっこいい体にはなれません。

脂肪やぜい肉は落としスッキリさせつつ、適度な筋肉を付ける事がかっこいい体の必須条件ではないでしょうか。

かっこいい体を目指すのなら、無理な食事制限ややみくもな運動ではなく、質のいい蛋白質を摂ることや適切な筋力トレーニングなどの運動をする必要があります。

そこで、しっかり蛋白質を摂取しつつもエネルギーは摂りすぎないように、高タンパク質の食品をうまく活用していきましょう。

食事で摂取するのは大変そう」という方には、プロテインもおすすめです。高タンパク質食品を活用しながらサプリメントも考慮してみるとさらに早く理想のかっこいい体に近づけるでしょう。

プロテインのおすすめコスパ:

コスパの高い市販のプロテインを探す際に注目したい点をご案内します。

1.プロテインの種類

プロテインの種類は大きく分けるとホエイ、ソイ、カゼインの3種類があります。

それぞれ成分が違い、自分の好みでお選び下さい。

2.蛋白質含有量

蛋白質含有量は、1食あたり20~30gほどのタンパク質が含まれた商品  を選ぶと効率的です。

よって、プロテインの製法には、WPCとWPIの2つの製法があります。

WPC製法は、牛乳をざっくりとろ過して製造するのでタンパク質含有率  は70~80%です。

WPI製法では、不純物も取り除いて良質なタンパク質のみをプロテイ  ンにするため、タンパク質含有率は90%です。

3.フレーバー

プロテインには様々なフレーバーがあります。

一般的にはバニラやチョコレート、ストロベリーなどの定番の味が人気で、継続的に飲むなら自  分好みの飲みやすい味が一番です。

4.蛋白質以外の成分

タンパク質以外の成分にも着目した商品も数多くあります。

ビタミンやミネラルなど体に必要な栄養素を補給できたり、筋肉量アップに効率的な必須アミノ酸やBCAA、グルタミン酸などの有効成分を追加した商品もあります。

5.プロテイン摂取の目的で選ぶ選び方をご紹介します。

多く人がプロテイン摂取の目的は筋肉増強の為多いようですが、実際は健康的な体作りを目的とし、プロテインを有効に活用するという方が増えています。

毎日健康体を維持するには、蛋白質が欠かせません。蛋白質は筋肉  を作るだけではなく、身体の臓器や皮膚、髪の毛、爪などを作る為に  作用してくれます。

毎日必要量の蛋白質を摂取する事が大切です。